わたしが思うアニメ観の巧者とは、メリハリのある観方が出来る人です。


A:とりあえずやってるアニメを片っ端から録画して漫然と見る人→平坦なアニメライフ。受け身。

B:観たい番組を徹底的に観て、観たくない/関心がないアニメは徹底的に観ない人→メリハリのあるアニメライフ。積極的。


アニメ視聴のスタイルとは、本来Bであるべきと言えるのではないでしょうか。
自分の本能が「観たい」と欲するアニメを何度も何度も繰り返し観て、記憶に定着させる。
ピンと来ないアニメは、「今はとりあえず」スルーして録画すらしない。
つまり、作品に対する関わりに「濃淡をつける」とでも言いましょうか。

今は興味がなくても、あとから興味がわくかもしれないですし、そういった作品は一旦スルーしておいて「観こぼし」ておきましょう。
逆に興味がある作品については興味があるうちにしこたま観ておいたほうがいいでしょう。
人間の興味は次々移ろっていきますから・・・・・・。

拍手する