「のんたんのanime大好きブログ」において感想を書かせていただいている、のんたんと申し上げます。

 現在放送中の「STAR DRIVER 輝きのタクト」ですが、第6話においてスガタがアプリポーゼすることによってストーリーが大きく動くことになりだんだんと面白くなってきましたが、当初から

・銀河美少年とは何か?
・タクトのおじいちゃんとはいったいどういう人なのか?
・綺羅星十字軍の本当の目的は何か?
・そもそも十字島とは何の島なのか?

など、なかなか設定を理解することができずに疑問点を残してしまいながら次のストーリーに進んでしまっているにも関わらず、なぜか期待を寄せながら視聴を継続したいと思ってしまうのです。

 それは、自分とキャラクターとを照らし合わせながら生活していく中で捨ててきてしまっていたり、忘れさられている事柄について共感し、理想を追い求めていたためかもしれません。

 それでは以下、第10話までの事柄に関して「夢」と「信頼という絆」ということに焦点を当て、まずはアニメの中で共感させられた部分を箇条書き的にとりあげ、その後、現実との対比ということについて個人的ではあるのですが感想を書かせて頂きたいと思います。続きを読む

拍手する