こんにちは、「妄想詩人の手記」のおパゲーヌスです。

2011年秋クールの新作アニメが続々と放映スタートしていますが、毎度のことながらこの時期は高揚感や期待感や不安感、あるいはスケジュール管理のツラさなんかが入り混じった、独特の雰囲気を醸し出していますよね。現時点ではまだまだ全作品が出そろっているわけではありませんが、みなさんはどんな作品に注目しているでしょうか? 期待通りの出来だった作品、期待以上だった作品、またダークホース的面白さを発揮しているものなど、早くもいろんな注目作や見どころが挙がってくることと思います。


さてそんな中で早くも今期のひとつの特徴として、「合戦アニメ」とでも呼べそうな作品が大きな存在感を放っている点が注目されるのではないでしょうか。というかズバり言ってしまえば、『真剣で私に恋しなさい!!』(まじこい)と、『境界線上のホライゾン』がやたら面白かったという話なんですがw またそこに、まだ放映が始まっていない『ラストエグザイル 銀翼のファム』や、『ガンダム』の新作なんかも加えて、「今期は戦争を扱ったアニメが多い?」という印象は確かにあるように思います。まぁ戦争を扱った、などと言うと大いに語弊がありそうなラインナップでもあるんですが、最近のアニメでは同時期にこれだけ”いくさをする”シーンが挿入されるであろう作品が並ぶのはちょっと珍しいと思いますし、中でも合戦シーンをがっつりやってくれた『まじこい』や、群雄割拠という設定で戦略の駆け引きを楽しませてくれそうな『ホライゾン』には、とくに注目しておこうと思っています。

今回はそんな両作品が、もしがっつりと合戦や戦争を扱ってくれるならぜひ着目しておきたい点を、いくつかでっち上げてみました。半分は思いつきで始めたので不備は多いかもしれませんが、戦争を扱ってくれる作品でなかなか取り上げてくれない”燃えポイント”がどのあたりなのかを書き出してみたいと思います。

続きを読む

拍手する