こんにちは、おはぎです。

この度、コミックマーケット(C83)で「アニプレッションVOL.4」を頒布します。
今回はシンシアニメ様のスペースにて委託販売となります。
シンシアニメ様のご協力にこの場を借りて、感謝を申し上げます。

さて「アニプレッションVOL.4」では、2つの目玉企画を用意しました。
一つめは「2013年冬期新アニメ あなたはどれを見る?」。
二つめは「P.A.WORKS特集」。詳しくは下記目次でご説明します。

アニメをより楽しみたい
アニメをより語りたい
アニメにより参加したい


この3つをモットーに掲げて「アニプレッションVOL.4」よろしくお願いします。

概要

  • タイトル:アニプレッション VOL.4
  • サイズ・ページ数:A5・100P
  • 価格:500円
  • 頒布場所:3日目(12月31日):東ハ-50a(サークル名:シンシアニメ)
  • 編集長:神酒原
  • 発行者:おはぎ

表紙




・くろこ(pixiv
表紙はサークル「覇王拳」で東方・モバマスの2次創作で活動中のくろこさん。


目次


〈特集1〉

二〇一三年冬期新アニメ あなたはどれを見る?

本誌のメイン企画。
2013年1月から開始予定の新作アニメの見どころを
アニプレッションのメンバーが余すところなく徹底分析します。
一つの作品に複数のレビュワーの様々な切り口が楽しめます。

〈特集2〉

P.A.WORKS特集

地方の富山に拠点を起き、「true tears」「AngelBeats!」などで近年目覚しい躍進を遂げる
アニメーション制作会社P.A.WORKSを特集します。4人の執筆陣でお送りします。

・メルクマール@merkmals)ー「true tears」と吊り橋効果

・神酒原@mikiharamosu)ー「Angel Beats!」のラストシーンから人生観を考える

・おパゲーヌス@opagenus )ー「四十万」の名を継ぐ女たち ~喜翆荘母娘三代記への追想~

・ヨーク@yoshi017×神酒原
ー今を生きる三人の少女たちの落とし物――「true tears」、「花咲くいろは」、「TARI TARI」


〈作品考察〉

今年の4月から阿知賀編が放送され話題になった「咲-saki-」
ロボットファンタジーの大金字塔FSSの永野護が監督をした劇場用アニメ
「花の詩女ゴティックメード」についての論考を掲載します。

・かてぽん@kate_pon) ー麻雀作品としての『咲-Saki-』

・おパゲーヌス
ー『花の詩女ゴティックメード』を語る~熱狂と余韻、そして『ファイブスター物語』のこと~


〈作画・背景〉

アニメを構成する要素として欠かせない、作画と背景について考察しました。
作画については僭越ながらわたくし、おはぎ。
なお背景については、C83で「5年たってもアブラムシ ―TVアニメ『true tears』放送5周年記念評論集―」を企画し、アニプレッション常連でもあるtatsuzawaさんにご寄稿頂きました。

・おはぎ@ohagi23)ー 独り歩きする作画崩壊という言葉

・tatsuzawa@tatsuzawa)ー アニメ雑感~背景アニメと『けいおん!』について


〈ゲスト〉

ブログ「隠れてていいよ」を運営され、
C81では『アニメ見ててもいいよ vol.1』を企画・発行されたthun2さん。

ブログ「ゲームばっかりやってきました」を運営され、
セカンドアフターEX2012」に寄稿されている気鋭の論者、すぱんくtheハニーさん。

そして謎の刺客論者、日比野雑感さんを交えた3人の論考でお送りします。


・thun2@thun2)ーどんなにくるしくても おいしいものたべて アニメ見たらなおるよ!

・日比野雑感ーザ・グレート・サスケの憂鬱 -サスケとハルヒの宇宙大戦争-

・すぱんくtheハニー@SpANK888
ーもう一度『フラクタル』の話をしよう――【キメこな】化するキャラクター達へ


〈SS・イラスト〉

SSはアニプレッションのメンバーでもあるサイとさん。

・サイと@sait3110c
ー『僕は友達が少ない』二次小説「ぼっち考察 高山マリア・志熊理科の場合」

イラストにはアニプレッションのメンバーでもあるがりモルさんと
前回「アニプレッションVOL.3」の表紙をご担当頂きました磯貝祐司さんによる
イラストが華やかな彩りを添えます。

・がりモル@garimoru

・磯貝祐司@yuji_isogai



内容は以上となります。
コミケに参加される方はぜひともお立ち寄りください。

アニプレッションそしてシンシアニメを年越しのお供に、お正月のお供に・・・
 

拍手する