・はじめに

こんにちは。おはぎです。

今回の記事はツイッターで積極的に活動されている@FullHuRoさんによるものです。
アニメ作品に限らず、映画やマンガも含めて、その作品をわかりやすくするため、より面白がるために「〇〇(作品名)は〇〇だ」「〇〇さん(監督)は〇〇だ」とカテゴライズをする事があります。
例えば「らき☆すたは日常系」「エヴァはキングレコードアニメ」「新房監督はゴダール」とか。

今回の記事の趣旨は、こうしたカテゴライズする事を@FullHuRo さんは「(楽しむための)ラベル作り」と呼び、この楽しみ方を「ジュエルペット」や「そふてにっ」を通して、行う試みをしています。
アニメのさらなる楽しみ方の一つとして、@FullHuRo さんの試みをぜひご覧ください!

↓以下、フル・風呂さんの記事です↓

furufuro1

●アニメ視聴における「楽しむためのラベル(枠)」とは…

今期(2011年4月~)のアニメは話題作、充実した粒ぞろいの作品が多い。そして今期は特に、2作品以上の作品を同時に観ていくことで、面白さが倍増する作品群の関係性が素晴らしいと個人的に感じている。

例えば、「杉田智和」のパロディ演技のヴァリエーションを楽しむなら『銀魂’』『スケット・ダンス』『俺たちに翼はない』、「BL/百合」テイスト全開の「スーパーヒーロー/ヒロイン」もの『フレッシュ プリキュア』『Tiger&Bunny』、「脚本:岡田磨里」連続アニメ小説『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』『花咲くいろは』(と現在放送中の『GOSICK―ゴシック―』)等、人によってはそれぞれ組み合わせも違うし無数にあると思う(*1)。

また、放送形態を通じて楽しみが倍増する作品も多い。「ノイタミナ」、「ニチアサタイム」(特撮も混じっているけど)、「日5」等を通じてみるアニメ、「ニコニコ動画」で観る『日常』や『カードファイト・ヴァンガード』や、「Ustream」で観る『Tiger&Bunny』は格別だと感じている方もいらっしゃるのではないか。

私は、アニメ視聴者がアニメを楽しむ時に、原作媒体(ジャンプ・ガンガン等)や制作スタッフ、放送形態を通じて作品間で「楽しみのラベル(枠)」を意識的・無意識的に作っていると思う。私もまたそういった楽しみ方をしているわけだが、意識的に「楽しみ方のラベル」を作るよう努めている。

私にとっての「楽しみ方のラベル」とは「ブックマーク」のようなもので、アニメの楽しさの要素に文脈を作り、それを元に現在見ているアニメを考え・楽しみ、まだ観ていないアニメ(新作・旧作問わず)の意識付けや、以前観たアニメをもう一度楽しむための準備物だと捉えている。そして、「楽しみ方のラベル」をブログやtwitter等で公開することは、ある種の「興行」行為だと私は考えている。

長い前文を読んで頂きありがとう、そして(ry!ではでは『グラインドハウス』(2007年 本編監督:ロバート・ロドリゲス、クエンティン・タランティーノ)を通じて!?今期のアヴァンギャルド・アニメ筆頭『ジュエルペット・サンシャイン』と『そふてにっ』に「楽しみ方のラベル」をなんとか作ってみるぜ(正確性ポロリもあるよ!)。イエィ!よろしくっ!!

*ここから「リアル対象年齢 18歳以上、精神対象年齢3歳以上の作品レビュー」となります、予めご了承ください。


furufuro2

 

続きを読む

拍手する