アニプレッション

アニメブログの新たな形を目指します。クロスレビューと各メンバーの個性を生かした多岐な記事を発表する事で、アニメ語りの面白さを伝えられる場にしていきたいです。またメンバー以外でも、ぜひ記事を書きたいという人はツイッターやコメントなどでご連絡ください。

カテゴリ:クロスレビュー

2010年10-12月期放送アニメクロスレビュー

2011.01.04 暫定版公開
2011.01.05 サンキョー・月詠追加
2011.01.18 サイと・ゲスト(アニ☆ブロ)追加

2010年10-12月期に放送されたアニメ作品をアニプレッション!!の参加者でレビューしました。
 ※暫定版から追記する形で 2011.01.18 に完成しました。

これから追加参加者を募集して、更新します。
※画像をクリックすると、大きな画像で見ることが出来ます。

ab
cross_review2_03cross_review2_05

cross_review2_04cross_review2_04 
アニ☆ブロぶろぐ
cross_review2_03

cross_review2_04 
<今季総括>

おパゲーヌス(妄想詩人の手記
事前に期待されていた作品も多かったけれど、それ以上に面白いと思える作品が多かった。視聴していたほとんどのアニメに、「今期最も○○な作品!」と名付けたくなるような、それぞれなりに工夫を凝らした作品に溢れていた。まるでおもちゃ箱のようなそれは、今後のアニメ界変革の布石となり得るか? 来期以降の作品も期待して見守っていきたい。

おはぎ(失われた何か
まず作品数が多かった。内容もバラエティなので、作品の見方の引き出しが多い人には豊作である可能性が高いシーズンだった。アニメの見方は千差万別で良いし、制作者の戦い方もまた同様である。問題は視聴者が作品と対峙して何を発見できるかにある。

メルクマール(メルクマール
今期は豊作だったかと。特にラブコメが良くて、『俺妹』、『えむえむっ』、『神のみぞ知る世界』などが印象的。単に萌えキャラがいるだけではなく、キャラの内面に踏み込んだストーリーや、作りこまれたコメディがあり、萌えアニメも進化したなと感じさせる。
あと、今期ものとは言いがたいけれど、『刀語』は出会えて幸せな作品だった。西尾維新作品のアニメ化には今後も期待したい。 

ヨーク(所詮、すべては戯言なんだよ
今季は全体的に質の高いコメディが増えて、マジメにストーリーを追う作品はざくろぐらいだったと思う。笑って楽しめればそれでいい。なので、メディアの売れ行きはそれほど芳しくないのでは、と思う。一回見ればそれでいいというものが多く、コレクターアイテムとして熱狂的になった作品は少なかったように思う。ギャルゲー・エロゲー原作とそれをメタとして扱う作品など面白い構図が見れて、それぞれが競い合い批判し合い、話題に事欠かなかったという意味ではかなり楽しめました。

夜風(穹翔ける星
入り込める作品が今期は多かったように思える。 神のみは絶妙なエッセンスが特に効いていたと思う。 また賛否両論を呼ぶ作品が多かったように思う。 つまり原作にないエッセンスが付け加えられた作品が多かった。 これからこのエッセンスがこれからも重要になってくると思う。

ばると(最高の夢を
最近梶井基次郎『檸檬』を読み返して、かつては退屈だったこの小説をいまは面白く読めているということは、小説の読み方が変わったのかもしれないということを感じた。アニメも同様に、観方が変わったのかもしれない。かつて私は深夜アニメの脚本力不足を嘆いていた。しかし、そんな私自身が、最近はアニメにストーリー以外のものを見ている気がしてならない・・・・・・『もっとToLoveる』『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』『アマガミSS』などの番組を観ていてこう感じた。

月詠(刹那的虹色世界
種類豊富なアニメが多く、そうした中で個々の作品が少しでも他作品と差異化を示そうと創意工夫を見ることが出来た1クールであった。そのため、アニメに物語を求める人も、笑えることを求める人も、萌えやセクシーさを求める人も何かしら楽しめる作品があったのではないだろうか。その分だけ、来期の作品たちは高いハードルに挑むことになり、その反動で評価や感想が辛くなるのではないかと思う。逆に、高いハードルを乗り越える作品が来期出て来るようなら、それは早くも2011年を代表するだけのアニメになる可能性もある。

サイと(サイとはいかが?
心の底から楽しいと思って、好きだと言い張れるようなアニメに出会えませんでしたが、ほとんどのアニメが最後まで観たくなるレベルを越えて作られており、安定した1クールだったと感じます。事前情報や強い原作力から判断して、今期は全話を一気に視聴するスタイルに挑戦しましたが、途中で挫折するアニメが少なかったことも今期の質が高かったことを証明していると思います。特に「ヨスガノソラ」「それでも町は廻っている」が終盤に掛けての引き込みが強く、がっつり見入ってしまいました。レビューで耳レベルと言及しましたが、今期は実にBGMだけで心打つ作品が多く、先に挙げた二作品もBGMの力が引き込む勢いを強くしました。

拍手する

2010年7-9月期放送アニメクロスレビュー

2010.10.04 ばるとレビュー追加
2010.10.08 神酒原・めりんだ・サイとレビュー追加

2010年7-9月期に放送されたアニメ作品をアニプレッション!!の参加者でレビューしました。
※2010.10.08現在の暫定版です。これから追加参加者を募集して、更新します。
※画像をクリックすると、大きな画像で見ることが出来ます。

ab
cross_review2_03
cross_review2_04
続きを読む

拍手する

2010年4-6月期放送アニメクロスレビュー

2010.07.06 めりんだレビュー追加
2010年4-6月期に放送されたアニメ作品をアニプレッション!!の参加者でレビューしました。

見ている作品への評価は個人的主観ですので、気を悪くさせるようなことがあるかもしれませんので、先に謝っておきます。

でも、基本、アニメを楽しんでいる人の集まりなので、評価は辛口でも本当は好きな作品ということもありますので、それぞれの記事での総評をご覧頂ければと思います。

※画像をクリックすると、大きな画像で見ることが出来ます。

ab
cross_review_01


cross_review_02


総感想一覧。総感想がない場合はABの総感想へ。

おはぎ Angel Beats! 第13話「Graduation」【感想】
ヨーク 2010年春季終了アニメ全体感想
おパゲーヌス Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」&シリーズ感想
uhd Angel Beats! 総括
夜風 Angel Beats! 13話 「Graduation」
めりんだ 最近見ているアニメ作品の雑感
神酒原(みきはら) Angel Beats! 13話までを見終わって
サイと 2010春アニメ感想

拍手する

同人誌告知
アニプレッション Vol.3 今回は富野特集として、特に富野監督を知らない方に向けて、富野作品と監督の良さを伝えていきたいということで、ちょっとした特集を組みました。
アニプレッション Vol.3(通販)
とらのあなで委託販売中です。通販で予約してお近くのとらのあなで受け取れば、送料なしで買えます。よろしくお願いします。

別冊アニプレッション 2000年代オススメアニメ各年別レビュー掲載! ピンドラ、けいおん、アイマス、Fateなどの考察を特集しています。現在、とらのあなにて通信販売中です。
別冊アニプレ 2011冬号(通販)
おかげ様で完売しました。ありがとうございました。

アニプレッション Vol.2 アニメを楽しく語る本です。今年、人気を博したまどマギ・タクト・あの花、3本のオリジナルアニメを中心に特集を組みました。
アニプレッション vol.2(通販)

アニプレッション Vol.1 2010年の人気作品を中心に語り倒した内容になっています。
アニプレッション vol.1(通販)
記事検索
参加者
失われた何か(おはぎ)
アニメーションの魅力を語れる場にしていきましょう!!
この空が消えてなくなるその日まで
ご連絡はikagayasaito@gmail.com迄
もす!(神酒原(みきはら) )
…人間の生涯に、何らかの価値があるとするならば、それはその何者かと戦うところにしかない。自分の代わりにものごとを考えてくれるイマジネーターと対決するVSイマジネーター ―それこそが人々がまず最初に立たねばならない位置だろう ――霧間誠一
妄想詩人の手記(おパゲーヌス)
アニメにおける「見せ方の良し悪し」と「価値のありか」をきちんと評価できるような記事を書いていくのが目標です。アニメは芸術たり得るか。そんな命題を常に問いかけながら、なるべく好意的にアニメと向き合っていきたい。
Phantom(柚木礼)
アニメの演出に興味があります。
FullHuRo フル・風呂
アニメ感想による「アニメ興行師」見習い中。良作・珍作・迷作の情報求む。記事内容の補足もtwitterでもやってます!
大好きなアニメを観て感じたこと、想ったことを大切にした記事を通して、色々な人たちと多角的に一つの作品やアニメ業界を見つめ、よりよい形で『アニメ』というものを付き合い、理解して行きたいです。
半熟ゆでたまご(クラッカ)
アニメに関する演出・作画の記事を中心に書いています。 背景が綿密に描き込まれていて一つひとつの動きを破綻なく描く作品より、 ハッタリ重視でアニメという空間ならではの演出を見せてくれる作品の方が好き。
今期はアニメから遠ざかってる人。来期は何がなんでも復帰したい。そして、そろそろ初投稿を。
『アニプレッション!!』が出す同人誌のイラスト担当。
かて日記-あにめな生活-(かてぽん)ぼくここ。ぼららら。
メルクマール (メルクマール)
Welcome to our adolescence.(サンキョー)
あにめっき(アンドルセン)
月別アーカイブ
その他
アニプレッション!!
アニ☆ブロぶろぐ
QLOOKアクセス解析
最新コメント
Twitter

anipressionをフォローしましょう