こんにちばんはございます。
「もす!」の神酒原です。

この記事は、京アニ制作アニメ『中二病でも恋がしたい!』のアニメ感想ブロガーの反応を叩き台にして、面白おかしく作品を語ってみようというまったく新しいレビューです。
以下、対話形式で記事を展開していきます。

記事内に原作ネタバレはありません。
それではどうぞ。
-------------------------------------------------------------------------------


登場人物
酒原(さけはら):誤植から生まれた謎の生物。主にツッコミ役を担当する。どこかのあとがきに生息するアイツに似ているとの噂だが気のせいである。「パクリじゃなくてオマージュだよ!(本人談)」
神酒原(みきはら):「もす!」の管理人。アニプレッション最古メンバーの1人。ハンドルネームが中二病っぽいともっぱらの噂である。面白いアニメをあげると増える。


神酒原 「中二病第3話だ」
 酒原 「そろそろアニメ感想ブロガーも、感想記事を書くアニメを確定させてくる頃だな。どんな感じだ?」
神酒原 「予想以上に多くのブロガーが残ってるなぁという印象だよ」
 酒原 「ほう。でも京アニだからな、この話題性は逃したくないんじゃないか?」
神酒原 「それにしたって日常系だ。日常系アニメの感想を書くブロガーの数はわりと安定するけど、好き嫌いが出るから初回よりは結構減るもんだよ」
 酒原 「なるほど。では今回も早速引用を始めよう」

部活を作ろう!ないなら作ればいいのよ、部活をよ!ということでハルヒのように怪しげな部活団体を作ろうとする六花ちゃん。このアニメ青春部活ものだったのかw
ムメイサの隠れ家

この変な部活を作っちゃおう!という流れは「涼宮ハルヒの憂鬱」あたりから続くライトノベルの潮流ですね。
こいさんの放送中アニメの感想

 酒原 「六花が部活動を作った件に対してのコメントだ。カオスな名称につっこむブロガーが多かったな」
神酒原 「間に入ってる「昼寝」が超カオスだよね。ちなみに」
 酒原 「ちなみに?」
神酒原 「原作では部活動を作ろうという動きはまったくなかったりする。つまりこの展開は、まさに『涼宮ハルヒの憂鬱』の展開をなぞる、京アニによるセルフパロディ」
 酒原 「へぇ」
神酒原 「そう考えるとなんだか面白いよね」

「どうやると女の子を可愛く見せられるか」
この点で京アニはその術に長けていると思います。森夏ちゃんのウインク、勇太の後ろに隠れちゃう人見知り六花ちゃんの仕草、ほわほわ全開のくみん先輩、魅力たっぷりに描いてますね。
新キャラ早苗ちゃんは…ニャル子がさらにあほの子になったような^^;
のらりんすけっち

 酒原 「今回もキャラについてのコメントが多めだ」
神酒原 「キャラアニメだし、ストーリーほとんど進まないからしょうがないよね」
 酒原 「ちなみに今回は新キャラ凸守が登場したわけだが……」
神酒原 「六花や丹生谷についてのコメントが多かったね。インパクト負けしてしまったか」
 酒原 「しょうがないと言えばしょうがない。ではまずはメインヒロイン六花について」

 六花のお弁当にクラスメイトも興味津々。六花の弁当おいしそう。でも六花はトマトを食べようとはせず。どうやら六花はトマトが嫌いなようで…。思わぬ弱点です。でもご飯への汁の浸食は確かに恐怖。
コツコツ一直線

神酒原 「「俺はトマト好きだぜ!」ってコメントがなかった。「俺もトマト嫌いだぜ!」ってコメントはいくつかあったのに」
 酒原 「どうでもいいだろそれ」
神酒原 「よくない! 僕はあらゆる野菜の中でも、生で食べるならトマトが一番好きでね、中学時代は給食でトマトが出ると大量にもらっていたものさ」
 酒原 「さいですか」
神酒原 「トマトは健康にとてもいいんだぞ! 特にミニトマトは本当に栄養価高いからな、水分もきっちり補給できて便秘知らず!」
 酒原 「それ言ったら、健康によくない食材ってほぼないだろ」
神酒原 「…………。ちなみに」
 酒原 「ちなみに?」
神酒原 「ソウキさんは「汁の浸食は恐怖」って言ってるけど、僕は逆だね。弁当でご飯に汁が浸食したところはむしろ美味い。『とある魔術の禁書目録』の上条さんは自炊派で弁当男子だが、彼も汁の浸食したご飯が好きな同志だ」
 酒原 「それはそうかもだけど、でも野菜炒めとかならまだしもトマトの汁はさすがに合わないんじゃ」
神酒原 「…………」

六花ちゃんのお弁当は十花さんの手作りらしくて量も適量で、栄養バランスも考え

られたまさに愛情の籠った一品。前回のエピソードでの姉妹喧嘩では見られなかっ

たけれどもお姉さんの六花に対する気持ちは本物の優しさというものを感じますね♪
ヲタブロ

神酒原 「ヲタブロさんのコメントがステキ」
 酒原 「今回のエピソードでお姉ちゃんに触れる余裕があるとは、さすがシーンごとに詳しくレビューしていくヲタブロさんだな」
神酒原 「六花は「しっかり食べないと」うんたらかんたら言ってたけど、」
 酒原 「今うんたらかんたらって言った!」
神酒原 「…………。言ってたけど、成長期にしっかりした量を食べさせてるところにお姉ちゃんの愛を感じるよね。女の子はやたら量を減らしたがるけど、それだとむしろ健康な体が作れない」
 酒原 「よく食べてよく寝て、適度な運動だな」
神酒原 「うんうん。それにヲタブロさんの言う通り、弁当の内容も素晴らしかった。特にトマトを始め、生野菜が多く入ってたのが高ポイントだね」
 酒原 「単に調理するのが簡単だという説も」
神酒原 「……野菜は生で食べるのが一番健康にいいの!」

六花には、同じ趣味の友人がいたんだね・・・ちょっと安心しました。
ぷち丸くんの日常日記

神酒原 「凸守ちゃんの登場に安心しちゃう人もいた」
 酒原 「六花愛されてるな」
神酒原 「ああ、第3話にてここまで愛されるのはすごいことだ」
 酒原 「実際に可愛いのに加えて、「見てらんない」という保護欲も絡んでそうだが」
神酒原 「それは……あるな、僕もちょっと保護欲があるよ」

二指真空把のときもそうだったけど小さい悲鳴がいいよね、六花は。
こう観やがってます

何かやらかす度に勇太にチョップ喰らって「あう」ってなる六花がかわいいw
くろくろDictionary

 酒原 「六花のリアクションが大人気だ」
神酒原 「これはギャップ萌えの大勝利だよね。素が出た時が可愛いとは第1話の時から言われてたけど、第3話になってもこう言及されてるとなると、相当だ」
 酒原 「お前もメロメロになってんだろ?」
神酒原 「もちろん」

本当、前の席で目障りなのにいつも目の前に飛び込んでくる六花なんだけど、勇太自身も六花が昼食を一人で食べているときに自然と隣に座ったり、飛ばした手紙に返信して付き合ったり、流されていると言うよりも一緒に流れている感じです。
所詮、すべては戯言なんだよ

神酒原 「一緒に流れている。面白い表現をしなさる」
 酒原 「確かに勇太は、六花のペースに流されているというイメージは実のところあまりないな。同好会に入る気ないくせに掃除手伝ってるし」
神酒原 「捨てたはずの中二病心をくすぐられてるというのもあるだろうけど、面倒見がいいのに加えて、本能的に六花に惹かれてるところがあるのかもしれない」
 酒原 「そういえば勇太は面倒見がいいんだったな」
神酒原 「ああ、Lite版第3話では妹が夜出歩く時についてってあげてたしね」

…正直六花とまったく同じ中二病の子が入ってくることで個性が相殺されてしまわないかとか心配になってくるところなんですけど、前回自分が感想で書いた六花の成長を中二病の脱却と考えた場合であれば、彼女はいい比較対象とはなると思うんですよね。弟子って設定ならばなおさら生かしやすいし、師匠が変化していく様子を現中二病がどう感じていくのかっていう視点も楽しめるしね。
しろくろの日常

 酒原 「六花に続いて次は新キャラ凸守だが、くみん先輩については特筆すべきコメントがあまりなかった」
神酒原 「人気ないというよりは、今回のくみん先輩は昼寝したりノリに乗ったりしてただけだから特別言うことがないというのがあるね」
 酒原 「んで、凸守だが」
神酒原 「しろくろさんのこのコメントは好意的に捉えてるけど、全体的に見ると「他キャラより印象が薄かった」ということになりそうだ」
 酒原 「感想ブロガーはインパクト弱しと思った、と」
神酒原 「実際そんなところはあったね。でもよくよく考えたら丹生谷やくみん先輩だって初登場時にインパクトがあったわけではないし、今はこれでいいんだろうと思える」

で、多くの同士がテレビに対して、「グラーフアイゼン」かいって突っ込んだと思います。(笑)
藍麦のああなんだかなぁ

凸森が巨大ハンマーを持つとヴィータのグラーフアイゼンを
 想像しますね。
ぬる~くまったりと

 酒原 「今回も妄想バトルシーンは大好評だったが、グラーフアイゼンと連想する人が2人もいた」
神酒原 「コメントしなくても思った人は他にもいそうだね。でも」
 酒原 「でも?」
神酒原 「凸守の巨大ハンマーが「ミョルニル」に由来していることに言及する人は1人もいなかった」
 酒原 「普通は知らないんじゃね。お前も実のところそんなに知らないだろ」
神酒原 「まぁそうなんだけど。ミョルニルってのは北欧神話に登場する、雷神トールの持つハンマーのことだね。自在に大きさを変えられるらしい。そこのところ妄想バトルに反映されてたね」
 酒原 「で、お前はなんで知ってたんだ?」
神酒原 「今『とある魔術の禁書目録』の原作でミョルニルさんが登場してる」
 酒原 「あら」

でも戦闘シーン自体を全て妄想と処理することで
ド派手な戦闘と日常を上手く同居させている。
いわゆる日常系の空気感を壊さずにです。
さらにいえばいわゆる日常系の作品では見られない
ド派手な戦闘シーンも楽しむことができます。

より精密に言うなら、本作は日常系的な作品に妄想として
妄想戦闘シーン(非日常的)を加えることで
日常系の拡張がおこなわれているのではないでしょうか。
失われた何か

 酒原 「ちなみに、妄想バトルシーンについておはぎさんの考察」
神酒原 「日常系の拡張とは、なるほど納得だね」
 酒原 「脳内映像ならなんだって自由にできる中二病の設定を上手く活かした作品作りということだな」
神酒原 「そう考えるとバトルシーンをより深く楽しめそうだ」

炎のエフェクトとかマジでかっこいいですね。
(今回の絵コンテ・演出の北之原さんはエフェクトに凝る人)
失われた何か

 酒原 「お前これ知ってた?」
神酒原 「……知らなかったです」
 酒原 「京アニ信者が聞いて呆れるぜ」
神酒原 「いや待って!? 確かに僕北之原孝將の演出的特徴はよく分かってないけど、そこまで言われるの!?」
 酒原 「まぁ冗談だけど」
神酒原 「なんだ、冗談か」

けれど実際のところはどうなのだろう。大人同士がネットで趣味友達を見つけ、オフ会などを開催して親睦を深めるなら、たとえ10歳以上も年齢の離れている相手とだって対等な友人付き合いができるかもしれない。けれど中高生くらいの年代は、たった1学年の違いがかなり大きなインパクトを持っている時期でもある。実際に六花と凸守は、マスターとサーヴァントという「設定」を作り、対等の同志もしくはライバルとしてではなく、あえて上下・優劣の関係の中に納まっている。また妄想の内容がかなり六花の世界に傾いているが、これも、偶然まったく同じような世界観を妄想する友人を見つけ出したのではなく、後輩の凸守が、六花の脳内設定に自分の世界観を摺り寄せている可能性もある。


むろんどんな事態にもなんとか辻褄を合わせて設定を付け加えていくのが常套手段の彼らだから、お互いに話を盛り上げているうちに世界観を完璧に共有してしまった、ということも十分に考えられるわけだけれども。しかしもし凸守が六花を盛り立て、喜ばせる方向に自然と話を合わせているのだとしたら・・・という視点で今回の二人のやり取りを眺めてみれば、ただ似た者同士の変人が二人いるだけの状況よりも、ずっと彼らの友情のあり方が分かりやすく見えてくるのではないかと思った。
妄想詩人の手記

神酒原 「これは是非読んで欲しくて、思わず長文引用してしまった」
 酒原 「凸守の見方を今から推測してみるとこうなる、という鋭すぎる考察だな」
神酒原 「いやぁこれには参ったよ。実際にこれが正解かどうかは分からないけど、学年の違いを「ただの後輩キャラ」として片付けないところに納得させられた」
 酒原 「これが本当だったらとんだ先見の明だな」

悔しいけれど、この4人の中ではダントツの最下位だと言わざるを得ない。
所詮、すべては戯言なんだよ

神酒原 「ヨークさん容赦ないっす」
 酒原 「でも今のところは納得せざるを得ない」
神酒原 「これを覆してくれることを期待したいね」
 酒原 「ところでヨークさんはこんな英文を書いている」

Do you like Yuuta? No, I think chu-2-Yuuta. No future. And, I'm Kyasharin. No Sexy. I beyond one's vision.
所詮、すべては戯言なんだよ

神酒原 「たぶんわざとこのまま投稿したんだろうけど……文法がめちゃくちゃすぎて意味が分からないDEATH」
 酒原 「そこはお前、英語専攻のお前が意味を推察して正しい英文にしてあげるところだろう」
神酒原 「ここそういうところ?」
 酒原 「最初は意味が通ってるな。「あなたは勇太が好きですか?」」
神酒原 「でもその次から分からないよ」
 酒原 「頑張れ」
神酒原 「むー。……えーと、「いいえ、勇太は中二病だと思います。未来はありません。そして私はキャサリンです。セクシーじゃありません。」……最後の文は駄目だ、動詞がないからどうしても訳せない」
 酒原 「役立たずめ」
神酒原 「えー。というかヨークさんは英語ぜんぜんできないって言ってたはずだけど、なぜ挑戦したし」
 酒原 「六花に影響されて中二病を発症してみたくなったんじゃないのか?」
神酒原 「ああ、そうかもね。ところで英語ついでに」
 酒原 「ん?」
神酒原 「六花と凸守が妄想バトル始める時に「バニッシュメント・ディス・ワールド!」って言ってたけど、この英語地味に間違ってる」
 酒原 「始まった、英語解説」
神酒原 「茶化すなよ。……英語で書くと"Banishment this world"(この世界からの追放)ってなるけど、banishmentは名詞だから後ろに直接名詞句を取れない。"Banishment from this world"と間に前置詞を入れるとOK」
 酒原 「実は「この世界の追放」という意味だったら?」
神酒原 「え、世界の方を追放しちゃうの? ……だったら、"Banishment of this world"かなぁ。でもどの道"world"には"this"より"the"をつけるのが普通で、"the world"でも日本語で言うところの「この世界」の対訳になる」
 酒原 「なるほど」
神酒原 「ちなみにこれたぶん伏線」
 酒原 「え!?」
神酒原 「たぶんだけどね」
 酒原 「どういう伏線なのかさっぱりだよ」
神酒原 「六花の英語力のなさを示してるんだと思う」
 酒原 「なるほ……ど?」

凸守がネットで見つけてきたモリサマーの書いた書
これはモリサマー → 森サマー →森夏、ってことだよなやっぱり。クラスのアイドルだけでは終わらない、森夏に強烈な地雷臭がしてきた(笑)
ムメイサの隠れ家

翌日、森夏ちゃんは同好会にいきなり入部してました!
勇太目当てなんでしょうか? 
森夏ちゃんの行動理由が気になりますw
空 と 夏 の 間 …

委員長絶対何か企んでるw

これ同好会つぶそうとしてんじゃないか?
勇太をこの連中から引き離すのが目的かもしれん。
どちらにせよ、勇太は委員長にめっちゃ気が有るから
六花の見方にはならんかも。
気の向くままに

なるほどなるほど・・・、やっぱり「モリサマー」って森夏のことなのかww
森夏は勇太と同じく元中二病患者で、
その黒歴史を抹消しようと必死こいているカンジなんでしょうね。
窓から見える水平線

神酒原 「今回は丹生谷についての話題で盛り上がったね」
 酒原 「しかしざっくりまとめたなオイ」
神酒原 「丹生谷は原作キャラだからね、できるだけネタバレは避けないと」
 酒原 「凸守の言った「モリサマー」は「森夏」のことだ説がだいぶ有力だけど、そこんとこどうなの原作ファン?」
神酒原 「お前はなんでそう僕にネタバレをさせたいの? なにも言わないってば、イエスもノーも」
 酒原 「まぁでもここで関連がなかったら「モリサマー」なんて名称が出てくるわけないからな、確定でいいか」
神酒原 「うん、まぁ、作劇見てりゃそういうことになるけど。これがどういう意味を持ってくるのかというのは、僕にも分からん」
 酒原 「オリストだもんな」
神酒原 「ああ」

それにして、勇太は、中高一貫高の高校入学組だったんだ。頭良いのですね。
藍麦のああなんだかなぁ

 酒原 「頭いいの?」
神酒原 「実は原作設定では頭いい。アニメでも頭いいのかも」
 酒原 「実はこれが伏線ってことは」
神酒原 「たぶん、ある」
 酒原 「マジで!?」

あのお調子者な彼が中学時代は坊主頭で野球部だった事にちょっと驚き。
往く先は風に訊け

神酒原 「しかし原作では普通に坊主頭だという」
 酒原 「なんでふさふさになったの?」
神酒原 「たぶん、丸坊主は作画が楽しくないからじゃないかな」
 酒原 「えー。実はこれも伏線ってことは」
神酒原 「さすがにないと思う」

それはさておき、赤髪の子のスタイルと体操服の着こなしが好みにドストライクなんですけど!
相変わらず、京アニはモブキャラのレベルが高くて困る(;´Д`)
たぶん、出番はこれで最後なんだろうな……orz
明善的な見方

神酒原 「まさかそこに注目するとは……」
 酒原 「京アニはモブレベルが高いってよく言われるけど、最近はモブレベルの高いアニメ珍しくなくなったよな」
神酒原 「まぁそうだけど。ちなみに見直してみたけど、この赤髪の子本当に可愛くてワロタ。ジャージの腰巻とか僕の好みにもド直球すぎる」
 酒原 「さいで」

 もう一つわかったことは、「もう原作の展開にはほぼ戻りそうにないな」ってことかな。前回の時点で薄々思ってはいたけど、今回でさすがにほぼ確定事項に。
Old Dancer's BLOG

神酒原 「僕と同じく、原作既読のブロガー」
 酒原 「なんでこのコメント引用したの? お前が放送始まる前から散々言ってたことじゃん」
神酒原 「いや、とりあえずこの人のブログ引用しておきたいなって」
 酒原 「なんだそりゃ」
神酒原 「ちなみにてりぃさん、ちょっとネタバレ気味な記事な気がするよ」
 酒原 「え? じゃあなんでリンク貼ったの」
神酒原 「いや、でもこれくらいだったら大丈夫かなぁって」
 酒原 「曖昧だなオイ」

 もはや原作がどうこう言うのはやめにするとして、部活動設立の話でしたが、とにかくメンバーの統一のなさがものすごくカオスな空間を生み出してる気がしました。とりあえずは、この部が何を目的として動くのか、そこに少し注目。本当に良くも悪くも先が見えない…
戯言ちゃんねる

 酒原 「もう1つの原作既読ブロガーだな。お前の知る限り原作既読ブロガーはお前を入れて3人か」
神酒原 「うん。よくも悪くも先が見えないというのに同意」
 酒原 「悪くも?」
神酒原 「なんというか、現時点でアニメは原作より遥かに面白いけど、今後原作より面白くなる気がしない」
 酒原 「なんだそれは」
神酒原 「原作は2巻でドカンと面白くなるんだ。あれを超えられる気配が現時点でのアニメ版にはない」

実際、六花も自らハードルを作っている感じではありますが、ドン引きというよりマスコットか珍獣といった扱いでいじられているみたいですし。
まああれだ、オタクでもブサイクじゃなくて美少女ならクラスの人気者になれるという社会の縮図が…おい、待てやめ(ry
gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

神酒原 「その後、gurimoeさんの姿を見た者はだれもいないという」
 酒原 「Oh...」


「もす!」の感想記事

-------------------------------------------------------------------------------

※引用元を示してあるので合法ではありますが、記事の性質上、他ブログの文章を無断で引用しています。不都合がある場合はWeb拍手以外でご連絡下さい。
※この記事で引用させていただいたブログには、「引用しましたよ」という意味でトラックバックを送っています(システム上の都合で送れないことはあるかもしれません)。従って、同じ用途でなければ、この記事へのトラックバックは不要です。