こんにちばんはございます。
「もす!」の神酒原です。

この記事は、京アニ制作アニメ『中二病でも恋がしたい!』のアニメ感想ブロガーの反応を叩き台にして、面白おかしく作品を語ってみようというまったく新しいレビューです。
以下、対話形式で記事を展開していきます。

記事内に原作ネタバレはありません。
それではどうぞ。
-------------------------------------------------------------------------------


登場人物
酒原(さけはら):誤植から生まれた謎の生物。主にツッコミ役を担当する。どこかのあとがきに生息するアイツに似ているとの噂だが気のせいである。「パクリじゃなくてオマージュだよ!(本人談)」
神酒原(みきはら):「もす!」の管理人。アニプレッション最古メンバーの1人。ハンドルネームが中二病っぽいともっぱらの噂である。面白いアニメをあげると増える。


神酒原 「今週もやってきましたアニメ感想ブロガーの反応!」
 酒原 「たった第2話にしてみんなが待ち遠しくしていた風に言うんじゃない」
神酒原 「てへぺろ」
 酒原 「フンべろりぃ」
神酒原 「では早速、数あるブロガーたちの中から厳選されたコメントを紹介していこうぜ」
 酒原 「そう言うと厳正な審議を経たみたいに聞こえるが、選んだのお前だからな」
神酒原 「まぁそう言わずに。まずは全体的なコメントをば」

そんなこんなでなんかよく分からないうちに猫を押し付けられて終了。戦闘で誤魔化してはいたけどけっこう何もない話でもあったよなwでもキャラは皆可愛く好印象だし次回も期待!
ムメイサの隠れ家

声出して笑ったw
2年前の中二病真っ只中の発言をボイスレコーダーで残してたとかw
で、面白動画サイトに投稿することが趣味なんだそうな。
死ねるねw
ぐ~たらにっき

あ~、2話より面白いですね。理屈が分かってきたというか、予定調和というか、楽しみ方が分かってきたんでしょうね。
藍麦のああなんだかなぁ

神酒原 「ブロガーの反応だと、だいたいの人は第1話を上回る好感触を得ている様子」
 酒原 「設定に慣れてしまえばあとは描写を積み重ねていくアニメだからな、当然と言えば当然の反応かもしれない」
神酒原 「特にぐ~たらにっきのchanyさんは第1話第2話合わせて記事内に「笑ったw」がたくさん。僕の知る限り一番楽しんでる」
 酒原 「お前より?」
神酒原 「たぶん」

地球はまぁるいんだもん!の言い方がよかった。
ぐ~たらにっき

 酒原 「chanyさんの記事は素直な文が多くて読みやすいな」
神酒原 「ああ。今後とも引用していくかもしれない」
 酒原 「ところで、ヨークさんがまた上手くまとめてしまってるぞ」

ふかきょプリーステスと蛇王真眼の持ち主、最後の戦い
所詮、すべては戯言なんだよ

神酒原 「まとめたというか、ネタ化したというか」
 酒原 「でも上手い」
神酒原 「上手いというか面白い。第2話の感想でムントについて触れたのは、僕の見た限りでは僕とヨークさんだけだったよ」
 酒原 「……これは触れたというのか?」
神酒原 「小指の先くらいが触れてる」

先輩の方は扱いが地味というか、モブのゲストヒロインですと言われても信じてしまいそうな感じでしたが、多少のんびり系とは言え貴重な常識人タイプっぽそうで、なんとなく安心してしまう自分がいたりw
テンションが高い中二病陣のドタバタの中、一服の清涼剤的なポジションになってくれると良いかなと思います。
gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

でも、天然故に可愛さが出ていたと言いますか。
逃げている時でも「富樫くん、私と世界の果てまで逃げよう!」と緊迫感の無いセリフ。
勇太とのやり取りもいい感じに面白かったしね。
新しい世界へ・・・

ちょこんとしゃがみながら笑顔で見上げるくみん先輩の様子が可愛い(*´д`*)
くみんは今のところ特別特徴はないけどとりあえず普通に可愛いキャラですな(^ω^)
ムメイサの隠れ家

 酒原 「次は今回が初登場、五月七日くみん先輩について」
神酒原 「ちょい出し程度の出番だったけど、総じて高評価だったよ。可愛いよね」
 酒原 「ヒロインの1人だから、今後出番はもっと増えそうだな」
神酒原 「ちなみに、「私と世界の果てまで逃げよう!」ってセリフを引用するブログが多くて吹いた。半分以上は引用してたんじゃなかろうか。まぁ僕もなんだけど」
 酒原 「それだけ印象的なセリフということだろ」
神酒原 「まぁでも、10も20も同じ引用読んでたら「はいはい分かったから」ってなるよね。まぁ僕も書いてるんだけど」
 酒原 「おいこら」
神酒原 「というわけでブロガーあるあるでした」

四月一日と書いて“わたぬき~” 八月一日と書いて“ほずみ!” 六月一日と書いて“くさか” そして、五月七日と書いて“つゆりd(´∀`)ノ”
みんな、覚えとけよ~^^
何気ない一日

神酒原 「わたぬきは知ってたけど、多いよ! なんかもう日本の名字って面倒くさいよ!」
 酒原 「そこが面白いんだろ」
神酒原 「もう十二月三十一日で「さいまつ」とか十二月二十五日で「せいや」とか二十二日で「しょーとけーき」とかも追加したらいいよ!」
 酒原 「……ん? つっこもうとしたけど最後のが分からないぞ」
神酒原 「カレンダー見てみなよ。アハ体験間違いなし」
 酒原 「ふむ。……ぬおっ! ショートケーキだ!」
神酒原 「ふはははは」
 酒原 「でもこれお前が考えたわけじゃないよな」
神酒原 「まぁそうなんですけど」
 酒原 「だろうな。次は前回から登場している丹生谷についてだ」

ぶっちゃけ、森夏としてはさり気なく勇太に探りを入れているというか、元中二病の者同士なら気付かれるのではないかと心配している的な伏線なのではないか?と思ってしまうので、純粋な意味でラブコメが進展しているとは感じないのですが、その白黒がはっきり付いた後にふたりの関係がどうなってしまうのか気になります。
ああ、スタイルやら容姿的な意味では全く欠点が見当たりませんし、そもそも中二病に染まる可能性も無さそうなのですが、その辺りの理由説明にも期待♪(いや、完全に見当違いかもですがw)
gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

神酒原 「丹生谷についても「可愛い!」ってコメントが多かったんだけど、こんな見方をする人も」
 酒原 「まぁ今のところはなんだか優等生的な描かれ方しかしてないからな」
神酒原 「だよね。まだなにかありそうだよね」
 酒原 「そこんとこどうよ、原作ファン」
神酒原 「それ振っちゃうの? 言っとくけど僕ネタバレ絶対しないよ?」
 酒原 「ちっ」
神酒原 「なんで舌打ちするの」
 酒原 「ではネタバレどうこうは関係なしに、原作ファンとして、アニメ丹生谷が今後どうなっていくかをズバリ予想」
神酒原 「えー。……うん、まぁ、ラブコメ的な当て馬になるんじゃないかな」
 酒原 「だれでも分かる。32点」
神酒原 「うおっ……」

あじえんすかびだるさすーんww主人公においフェチ?
空色きゃんでぃ

神酒原 「たぶんね、これは伏線なんだと思う」
 酒原 「ほう」
神酒原 「シャンプーの銘柄を予想する、なんて、どう考えても無駄台詞すぎるもん。なにかあるよ」
 酒原 「まぁそういう見方もできるな」
神酒原 「ちなみになぜ勇太がスラスラと銘柄の名前を言えたのかは、分からない」
 酒原 「分からないのかよ」

丹生谷森夏さん。勇太とともにクラス委員。
ずいぶん垢抜けた存在のように見えます。
デザイン的には一番映えているような。
失われた何か

神酒原 「アニメの丹生谷を表現する言葉が喉まで出かかってて出なかったんだけど、これだ、「垢抜けた」だ」
 酒原 「デザイン的には一番映えてるというのも納得だな」
神酒原 「ああ。今作のビジュアルリーダーだよ。『夏色キセキ』の紗季ポジション」

 にして、おそらく唯一の原作パートである勇太と森夏の会話シーンですが、彼女のことを知った上で見てみると、これまたゾクゾクしますね。あんな気を持たせるような言い方をしておいて、実際は品定めとも言える行為をしてるとか…。
戯言ちゃんねる

神酒原 「前回記事を作成した時は「原作既読のブロガーは僕だけだった」と書いたんだけど、そのあとに2ヶ所見付けて、戯言ちゃんねるさんはそのうちの1人だ」
 酒原 「その彼による丹生谷へのコメントだが、これネタバレ臭くないか、引用しちゃっていいのか」
神酒原 「いや、なんというか、原作既読のブロガーを2人見付けたのはいいんだけど、この人本当に原作読んでるのかちょっと怪しくて」
 酒原 「あれ?」
神酒原 「だってこのシーン、原作にないし」
 酒原 「あらまぁ。似たようなシーンとかもなかったのか」
神酒原 「ないね。そもそも勇太、原作では委員長じゃないし。丹生谷は委員長だけど」
 酒原 「あらまぁ」
神酒原 「まぁちゃんと読んではいるだろうけどね。だいぶ前に読んだからとかで記憶が曖昧になってるんだろう」

問題は、原作に沿った形でやると、必然的に語らなければならないキャラが一人増えてくるので、そのあたりの扱いですかね。まあ、元々原作1巻では名前だけ、2巻でようやく登場と言うキャラなので、なければないで問題はないんですけどw
戯言ちゃんねる

 酒原 「戯言ちゃんねるさんは続けてこうも書いている」
神酒原 「少なくとも僕は、このキャラはアニメでは99%登場なしだと「もす!」の方で判断した」
 酒原 「必然的って書いてるぞ」
神酒原 「原作通りにやれば、ね。アニメ中二病は原作とはほとんど別物だよ」
 酒原 「ははぁ」
神酒原 「でもこのキャラには実はすげぇアニメに出て欲しいんだけどね。というわけで2期マダー?」
 酒原 「気が早すぎるだろ。2期望むならとりあえずBD買っとけよ」
神酒原 「ああ、『氷菓』は買えなかったからね。今作は頑張ってマラソンしようと思ってる」
 酒原 「頑張れ。次はくみん先輩と同様に今回から初登場、小鳥遊十花について」

こんな真夜中に一人で外に飛び出して危ないということをオタマで叩いてわからせる。冒頭で敵の姉が襲ってきた時の緊迫した雰囲気がありましたが、あの後、きっと一緒に帰ってあげたと思います。
所詮、すべては戯言なんだよ

神酒原 「優しいお姉ちゃんだよね」
 酒原 「ああ。厳しくも優しい、ある程度寛容だが締めるところは締める、いい保護者だ」
神酒原 「締めるところは締めるというか、アレルギーだからしょうがないんだけど」
 酒原 「まぁ確かに」
神酒原 「しかしヨークさん、僕も全力でその意見に同意したいけど、たぶん違うよ」
 酒原 「違う?」
神酒原 「六花はあのあと猫を持ち帰ってる。十花さんが一緒だったら持ち帰れるはずがない」
 酒原 「ああ……」
神酒原 「でも絆創膏は貼ってあげたんだと思うよ。「こんなものがなくとも私は邪王真眼による治癒力で……」とか言い出す妹の額に問答無用で絆創膏を貼ってあげる微笑ましい光景を妄想してます」

 また、六花ちゃんの姉である「小鳥遊 十花」さんは六花ちゃんの中二病に
 対してお料理道具の「お玉」で六花ちゃんに実力行使をするという
 ミステリアスな雰囲気にもかかわらずちょっぴり見せる優しさのギャップがたまらないという
 非常に気になる人物だったことに今後も楽しみなキャラクターの一人になりましたよ♪
wendyの旅路

六花が中ニ病側で、そのダークサイドに勇太を引き込もうとしている。そして、そんな六花を心配している言うか、力で押さえ込もうとしているのが六花の姉。その闘いは、六花視点で展開されると。
藍麦のああなんだかなぁ

 酒原 「その他、十花さんについて」
神酒原 「藍麦さんの「力で押さえ込もうとしている」ってのは違うと思うな。猫アレルギーだから猫に関しては厳しくしてるだけで、部屋や玄関の電卓もそのまま放置だし、わりと寛容だよ」

もちろん十花はまじめに叱ったり喧嘩の相手をしているつもりだろうが、六花にとって姉妹喧嘩は、人生最大の恐怖を味わう場面であると同時に、自分の妄想力を思う存分に発揮することのできる唯一の場面だ。できれば勇太ともこういう遊びをしたがっているのだろうけれど残念ながらいまいちノリが悪かったから、姉との戦いに勇太たちを巻き込むことができて、今回の六花はそうとう嬉しかったんじゃないだろうか。
妄想詩人の手記

神酒原 「相変わらずおパゲさんの記事は切れてる」
 酒原 「切れ切れだな」
神酒原 「今回の六花はそうとう嬉しかったんじゃないだろうか、ってところですげぇ納得させられたよ。同じく逃げ出してきた勇太とわざわざ合流してたし、その時の「だって地球はまあるいんだもんっ!」もすごく楽しそうだったし。やっぱりいい姉さんだ」
 酒原 「いやでも、おパゲさんの記事をちゃんと読むと「十花は優しいフリした化け物だっ!」みたいになってるけど」
神酒原 「絆創膏をあげたところを「大人な風に見せた」と解釈するのはとても彼らしいよ。でも僕はお姉さん優しいに1票」

しかし、どうせなら姉ちゃんの立ち振る舞いもギャグとして見れるように描いて欲しいや。
意図的なのか分からないけれど、一応年上である立場なのに第一印象がよろしくない。
~Fantasy Earth Blog~

 酒原 「今回辛口評価をしていたのがそうるますたーさんだ」
神酒原 「彼の言うことも分かるけどね。こういうアニメは結局乗れるか乗れないかだから、しょうがないところではある」
 酒原 「キャラアニメだもんな」
神酒原 「ああ。好みの違いは出てくるものさ」

妄想でしたが、戦闘シーンは迫力で見応えありましたね♪
内容はただ猫を飼う飼わないでの喧嘩でしたけど(^^;
いや面白いですねこの作品w
空 と 夏 の 間 …

妄想バトルの無駄に真面目な作画演出w この場面だけ見ればまず中二だとは思わないような真剣な作画演出とそのクオリティの高さに笑ったw
ムメイサの隠れ家

 酒原 「今回は主に妄想バトルのシーンの作画が好評だったな」
神酒原 「ムントっぽさがよく表れてるバトルシーンだったけど、だれも触れてる人いなかった。クスン」
 酒原 「フルメタに触れてる人はいたじゃないか」
神酒原 「フルメタのバトルとはまったく異質じゃないかー」
 酒原 「まぁそうだけど」

小鳥遊姉妹の超絶バトル!
さすが京アニといわんばかりに動きまくってました。
あくまで六花のイメージ映像ですがw
実際は折りたたみ傘とおたまによるシュールなバトルですからね(つ∀`)
一度、京アニの本気のバトルアニメが見たくなりましたw
リリカルまじかるSS

神酒原 「む、ムント……」
 酒原 「諦めろ。世間的には忘れ去られてるんだ」
神酒原 「だって京アニの本気のバトルアニメと言えばムント……」
 酒原 「あまりムントムント言ってるとウザがられるぞ」

事前に絵コンテ:石原立也さん、演出:三好一郎さん、作画監督:植野千世子さんだと聞いていたので、
作画的な部分に注力してくるかなと思いましたが、さすがに植野さんだけあって動きが素晴らしい。
面白いレイアウトや快感度の高い動きが目白押しで、目を離せませんでした。
 
作画にこだわる京都アニメーションの中でも、
一際輝く植野さんの仕事には目が離せないです。
失われた何か

神酒原 「京アニに関しては、僕とおはぎさんのレーダーはけっこう似てるんだ」
 酒原 「ほう?」
神酒原 「僕もおはぎさんも植野千世子に注目してる」
 酒原 「名前だけ言っても読者はまず分からないと思うぞ」
神酒原 「植野千世子に関しては分かりやすい例があるぞ。『CLANNAD AS』を見た人はゆきねぇ編で岡崎が不良とタイマン張ったシーンを思い出して欲しい」
 酒原 「ああ、骨格が変形するレベルですごい作画だったな」
神酒原 「あの回の作画監督が植野千世子だ」
 酒原 「わお、なるほど」
神酒原 「いずれはキャラデザ総作監をするのでは、と睨んでいるんだけど、なかなか来ないんだよなぁ」

一色誠のクラス女子の人気投票は勇太が六花を選ぶ
 ネタフリでしょうか?
それとも六花に意外と票が集まるとか?
ぬる~くまったりと

神酒原 「かわい子ちゃん選手権に触れてた唯一のブロガーだね」
 酒原 「お前曰く、ほぼ全てオリジナルストーリーだった今回の中でこれだけは原作にもある要素だそうだな」
神酒原 「うん」
 酒原 「これは物語的にどういう役割になるんだ?」
神酒原 「それは言えないよ。でもまぁ、原作とは違う使われ方をするんだとは思う」

そういえば前回触れなかったけどOPは結構好きですよ。メロ部分の映像の映り変わりは目に優しくないけど、立花が指を回すところとか好きです。ここも注目だなって思いました。
しろくろの日常

 酒原 「なぜOPについてのコメントを今さら引用?」
神酒原 「いや、あまり好評でないOPに対するいい反応だったんでつい」
 酒原 「あらそう」
神酒原 「ちなみにこのOP、片目をつぶって見るのが正解らしい。詳しいことは分からないけど、どこかで実際に使われてる手法なんだとか」
 酒原 「「らしい」?」
神酒原 「いや、僕は先天性の複合斜視でね、実は立体視が上手くないんだ。普段から「両目」じゃなくて「片目と片目」で見てる状態だから、片目つぶって見ても大して変わらなくて」
 酒原 「あらまぁ」
神酒原 「普通に健康な目の人がやるとけっこう変わるらしいよ。眼帯ヒロインのいるアニメらしい演出と言えるかもね」


「もす!」の感想記事

-------------------------------------------------------------------------------

※引用元を示してあるので合法ではありますが、記事の性質上、他ブログの文章を無断で引用しています。不都合がある場合はご連絡下さい。
※この記事で引用させていただいたブログには、「引用しましたよ」という意味でトラックバックを送っています(システム上の都合で送れないことはあるかもしれません)。従って、同じ用途でなければ、この記事へのトラックバックは不要です。