同人誌『別冊 アニプレッション 2011冬号』は、
今冬のコミックマーケット81(3日目)にて頒布予定です!




『別冊 アニプレッション 2011冬号』は、アニプレッションメンバーによる同人誌です。「アニメをもっともっと楽みたい!」というスタンスはそのままに、過去の作品も含めたより自由な関心・観点からアニメを語り合おうという趣旨で生み出された今回の同人誌。アニメが大好きなアナタの心に、きっと素敵な化学反応を引き起こすこと間違いなし!?

『別冊 アニプレッション 2011冬号』
<概要>
  場所    :コミックマーケット81
  日にち   :2011年12月31日(3日目)
  サークル名 :アニプレッション
  配置    :東P-21b
  価格    :400円(即売会特別価格)
  ページ数  :128ページ


※なお、当日には既刊本『アニプレッション vol.1』『アニプレッション vol.2』も頒布予定。

~内容予定~
・アニプレッションメンバーによる
 2000年代オススメアニメの各年別レビュー
 (2000~2011年のTVアニメの中から、年度ごとに一作品づつ、オススメアニメを紹介します)

がりモル氏(「あるアッタカサの日常」)による
 オリジナル4コマ漫画を掲載
 (アニメ感想ブロガーを題材にとった珠玉の20本!)

・劇場版『けいおん』感想
 (提出期限ギリギリで頑張ってもらいましたw)

話題のアニメ作品を取り上げる”アニメ語り”も健在!

・「アイドルマスター 新旧アニメ比較考察!」(神酒原氏「もす!」)
・「今後の深夜アニメへの展望
      ~岡田麿里作品を踏まえて長井龍雪作品『あの夏で待ってる』への期待~」
tatsuzawa氏
・「多くの視聴者を魅了するキャラクターの特異性は何か
      ~派生キャラが生み出されながら揺るがない『Fate』ヒロイン・セイバーの魅力に迫る~」

                                (月詠氏「刹那的虹色世界」)
・「『輪るピングドラム』を彩る光と音の協奏曲」(おはぎ氏「(失われた何か
・『はがない』二次小説 「ぼっち考察 柏崎星奈の場合」(サイと氏「サイとはいかが?」)

ほか、『たまゆら』聖地巡礼や、声優論、京都アニメーション考などなど、読み応え十分の記事が満載! さらに今年度のアニメを振り返りながら今後の展望を語り合う充実の座談会も収録!

冬コミ3日目にお越しの際は、ぜひ「東P-21b」アニプレッションブースまで足をお運びください!!