こんにちは。おはぎです。

今期の私のイチオシは「ゆるゆり」です。
なぜイチオシか?とにかく赤座あかり(以下:アッカリーン)が可愛いのです!
頭のおだんご、髪の色といったデザイン 、
何よりぞんざいに扱われる事で、逆に目立つキャラ性が素晴らしいです。

特にそんなぞんざいに扱われるアッカリーンが目立つのが、毎回の冒頭の

みんなの声「
\アッカリ~ン/
あかり「ハーイ!ゆるゆり、はっじまるよー」


でしょう。この冒頭シーンでのぞんざいなアッカリーンの扱いは毎回の見どころです。 



ちなみに5話ではちなつにキスを奪われましたアッカリーン。

今回は、1話から5話までの
\アッカリ~ン/はーい!ゆるゆりはっじまるよーのシーンを見比べながら
いかにアッカリーンが可愛いかを探っていきたいと思います。
 
・1話

さて、アッカリーン伝説の幕開けとなった1話です!



\アッカリ~ン/
はーい!ゆるゆり、はっじまるよ~!


ということで、何事も無く普通に はじまりました。


・2話 

さて、変化が早速現れたのが2話でした。



\アッカリ~ン/
はーい!ゆるゆり、はっじまるよ~!

と、きちんと言葉ははなさせてもらっていますが、カメラのピントがぼやけてしまってます。
これはアッカリーンの存在感の無さを、カメラのピントをぼかす事で表現しているのでしょう。
ここで明らかに冒頭のこのシーンでは色んなことをやるという
作り手の意志も感じ取る事ができます。


・3話

3話ではますますアッカリーンの扱いが悪くなります。







\アッカリ~ン/
はーい!ゆるゆり、はっじまるよ~!

と今回もいつもの言葉は話せましたが、
今回はカメラの興味がアッカリーンよりUFOに興味にいってしまい
まったくカメラがアッカリーンを映そうとせず、UFOにカメラを向けてしまいます。
この作品での重要性がUFO>アッカリーンになった瞬間でもあります。
 
ここまで扱いが悪くなると、アッカリーン の可哀想さが目立ちますが、
本編ではアッカリーンを映す描写が減り続け、本編でもますますぞんざいに扱われていきます。


・4話

\アッカリ~ン/ 
はーい!

とここまではいつもの調子ですが、
アッカリーンも今までの経験を踏まえて、チェックをします。



UFOなし



カメラさん、ピントはOKですね
  
 とカメラさんも頷き、念入りに事前準備をするアッカリーン。
アッカリーンのこの表情はとても可愛いですね。 
そして準備万端だと、決心して



では、ゆるゆり、は・・・

まで言った瞬間に、さっそく本編がスタート。
どうやら時間切れのようです(12秒)
彼女に今回足りなかったのは時間でした。


・5話

 さて、5話ではまた違ったアプローチを見せ始めます。



\アッカリ~ン/ 
はーい!
ゆるゆり、はっじまるよ~!

なんときちんと2話から4話までとは違って、何事もなく言える事ができました。
しかし、



うーん?

何事もなく、そのまま進んでしまい、カメラもそのままだったので、
アッカリーンは汗(冷や汗?)をかきます。そして



こ、今回は何も起こらない?いいんですよね、これで?

と周りに聞き返します。どうやら何かないと逆に怖くなってしまったアッカリーンのようです。
そんなアッカリーンを見て、
船見結衣はこう言います。


  
「あかり、不憫な子」

結衣のツッコミによって、幕引きとなりました。
アッカリーンにとって普通が普通でなくなった瞬間なのかもしれません。

・まとめ

1話から5話までを通して見ると、各回の違いがよりハッキリわかると思います。
こうした話をまたいで、徐々に何かを変えていく手法は
「天体戦士サンレッド」のOPでサンレッドが売ったバイクの店頭価格が
毎回変化していたものに通じる部分があります。
またこのアッカリーンに訪れる変化は絵作りだけではないようです。

連続して聞くとわかるのですが、

\アッカリ~ン/ 
はーい!
ゆるゆり、はっじまるよ~!

の部分も声優さんの芝居も毎回違うのです(つまり毎回録り直しているのです)。 
つまり、毎回のネタに合わせてアッカリーンの声優:三上枝織さんは演技をしているのです。
 
さて最後に、最初の部分からこうした面白い仕掛けがあると、
本編の最初から楽しく見る事ができ、話題作りにもなり、何よりこの作品の特徴になります。
まさに一石三鳥といえる導入部分です。
こういう試みが、作品を面白くしていくのでしょうね。

今後も、この最初の部分はどんな展開を魅せてくれるのか、
はたまた三上さんの演技の部分でも注目です。


ここで告知です!
コミックマーケット80(3日目)にて、『アニプレッション vol.2』を頒布します!
頒布価格は148Pで500円。
ITAITA FACTORY(東o-36a) れ・ざむる~ず(東マ-04b)さんでそれぞれ委託頒布します。 
参加される方はぜひお立ち寄りください。

『アニプレッション vol.2』では当メンバーのがりモルさんが
「ゆるゆり」のイラストを寄稿しています。
こちらも合わせてご覧ください。
詳しくは以下の画像からリンク先へお願いします↓

anipurebananee

それでは以上です!